沖縄の不都合な裏事情

沖縄はなぜ本土と感覚が違うのか?沖縄が好きになり、移住する人も数年で帰っていくのは、双方が相手の現状や立場を理解していないからだ。

米軍基地問題

土人発言で見えてくるもの

更新日:

米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯移設工事場所で、大阪府警から派遣された2人の20代の男性機動隊員が、工事への反対活動家に「ぼけ、土人が」などと差別的な暴言を吐いた件で、各所に波紋を呼んだが、少し視点を変えて考えてみてほしい。

 

質の低い警察官

まず、警察官だが、彼らは公務員ではあるが、特別優秀な能力を持っているというわけではない。

高校時代、柔道が強かった等という理由で警察になった人は周囲にいないだろうか。

成績も下の下で、勉強は全く不得手なのにも関わらず、警察官になれた様な者は相当数おり、人間としての資質が低い者でも警察官になれる。

この暴言を吐いたとされる警察官は、誰がどう見ても人間として、社会人としての資質が低いと言わざるをえない。

沖縄の人にとっては非常に重い言葉なのは、本土の人間は戦中戦後に沖縄県民を土人呼ばわりして差別していた事が今でも沖縄の人々の心に残っている。

翁長沖縄県知事が、「未開の地域住民を侮蔑する意味を含み、一県民としても、県知事としても言語道断で到底許されるものではなく、強い憤りを感じている」と強く批判しているのも頷ける。

 

関西人の気質と言葉遣い

関西人は特に何も考えもせず発言する輩が非常に多いと感じるのは、他の地域では暴言と取られる様な事でも、関西地域ではそれほど大きな問題ではないのだろう。

その証拠に、松井大阪府知事は「表現は悪かったし、反省すべきだと思う」と述べた上で「彼自身、命令に従って沖縄のために無用な衝突が起こらないように職務を遂行しているわけで、あまりにも個人を特定されて、大メディアも含めて徹底的にたたく。これやり過ぎでしょう」と一定の理解を示した。

関西人にとっては、「そこまで騒ぐことか?」というのが本音ではないだろうか。

関西人の言葉遣いは非常に乱暴に聞こえるが、当の本人はその様なつもりで言っていない場合が多い。

そして、20代の警察官が沖縄の人間が差別されていた事など知ることもないだろうし、土人という蔑称を使われていたという事も知らないだろう。

知っていれば、まずこんな言葉を使うことはできない。

 

動画は活動家の有効なツール

沖縄で活動を展開しているのは多くの場合、本土から来た自称平和団体なのは御存知の通りだと思うが、彼らの暴力的な活動はテレビ等では報道されないため、広く知られることはない。

この動画を見て分かる通り、動画を撮影していた活動家は機動隊員を触わり、何故か警察官に「基地建設反対!」と相手を間違えているとしか思えない行動をしている。

この様な、動画を使って自分たちの主張を展開する輩の手法は、見えないところでちょっかいをかけ、我慢しきれずに暴言を吐かれた部分だけを切り取る。

そして、相手が暴力を静止しようとすれば、「痛い、痛い」と騒ぎ始め、暴力を振るわれたと言い始める。

この手法は、この自称平和団体だけではなく、ヘイトスピーチをしていた団体も同じような手口を使っていたのだが、この様な動画を満額で信じてしまう日本人が多いため、とても有効な手段となっている。

 

沖縄県民(移住者を除く)は勘違いしてはいけない

まず、警察官は程度の良い人間ばかりではないという事、関西人は基本的に口が悪いという事、そして、動画では活動家達がこれらの程度の低い警察官に暴言を吐き続けているという事を理解しなくてはいけない。

 

そして、この動画を撮影していたのは本土の人間であり、沖縄の人ではない。

動画を見て、自分が言われた気持ちになるのは理解できるが、本土の警察官が、本土の人間に「土人が」と言っているのだ。

沖縄にこれほど本土から活動家が集まるようになり、他府県から応援として機動隊員などが来ているが、応援と称して使えない警察官を送り込んでいないだろうか。

馬鹿な活動家の言葉に腹を立てるような警察官としての資質が低い者を送り込む事もひとつ問題と言える。

そして、警察官として警備をするのであれば、命令に従わず、暴力的な手段を取る人間には公務執行妨害で逮捕すれば良い。

公務執行妨害は警察官に暴力を振るうことと勘違いしている人が多いが、公務をしている者、つまり公務員の職務を妨害する事であり、これは身体に対しての妨害と定義されているわけではない。

沖縄人で活動をしている人もいるだろうが、胡散臭い自称市民団体の暴力的な手法や、誤解を与えるためだけの行動をするのはどうなのだろうか。

あなたが基地に対して真剣に反対しているなら何も言わないが、本土の活動家の真似をしたり、手法を取り入れたり、同調して行動しても良いことは何もない。

もし、基地移設が中止になったとしても、あなた達は沖縄の人から尊敬される事はない。

やるなら、沖縄出身者だけで団体を作り、正攻法で主張すべきだ。

あなた達に一つ考えてほしい事がある。

なぜ基地反対をする市民団体は、本土からわざわざ来て、何日も座り込みをしたり、抗議活動をしたりしているが、働きもせずなぜその様な事ができるのだろうか。

試しにあなたもやってみると良い。国会前まで行って、何日も座り込みをし、抗議できるだろうか。

その間もちろん無収入だが、沖縄に来る本土の市民団体は出来るのだから、あなたにも可能なはずだ。

・彼らの資金は一体どこから出ているのか

・その資金は何に使われているのか

このふたつを自分で調べ、納得できるのであれば一緒に戦えば良い。

 

これでまたバカが増える

この「土人」発言を聞き、ネット上だけで威勢のよい連中は、喜んで土人という言葉を使い始めるだろう。

差別発言をしたがる者は世界的に教養が低い層とされるのが一般的で、この教養の低い層がこれから沖縄を指して「土人」という言葉を使うのは目に見えている。

これから無責任にネット上でこの言葉を使う連中を注視してほしい。

 

何度も言うが、ここに書かれている事は全て「私」の意見であり「沖縄」の意見ではない。

ツイッターを見ていると、このサイトを見て、「沖縄の人は分かっている」などと言う輩がいる。

私は自称保守の為に書いているわけではないし、自称リベラルをまともとも思っていない。

保守だのリベラルだのは、他人が判断することで、自称した時点で客観的判断ができないただの極端思想な人間となってしまうことを忘れないでほしい。


これが沖縄にいる自称市民団体だが、彼らの言葉はどこの方言だろうか。沖縄の人間も含まれているが、殆どがナイチャーで、暴力行為をしている。
もし、あなたがここに来て、彼らにここまでやられて、無言でいられるだろうか。

-米軍基地問題

Copyright© 沖縄の不都合な裏事情 , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.