沖縄はなぜ本土と感覚が違うのか?沖縄が好きになり、移住する人も数年で帰っていくのは、双方が相手の現状や立場を理解していないからだ。

沖縄の不都合な裏事情

移住生活

移住ブームの光と影

投稿日:

沖縄移住がこの十数年ブームになっているが、実際に長期で生活が出来る人はほとんどいない。

大体3年程度住んで帰っていくのだ。

実際に沖縄に転入する数と転出する数が毎年同数程度というデータがあるので、その理由が分かるだろう。

沖縄移住を果たしても、理想と現実のギャップを埋めることができなく去って行くのである。

これは、あまりにも離れすぎている文化と生活環境、考え方の根本的な違いというものが関係しているだろう。

内地の人間が沖縄を離れて行く時に捨て台詞がある。

「沖縄の自然は良いけど、社会習慣や人間とは馴染めない。」

まず沖縄は日本の一地方だと捉え、何も学ぼうともせず何も理解しようともしなかった結果だろう。

私達沖縄の人間はこういう人達の事を「クサレナイチャー」と呼ぶ。

もしあなたが沖縄移住を考えているのであればこのサイトを参考にしてもう一度考え直したほうが良いのかもしれない。

旅行で来るのと住むのでは大違いのなのだから。

しかし、どうしても沖縄に住みたい。沖縄を第二の故郷としたいと思うのであれば、沖縄の風習、文化、週間、考え方を学ぶこと、そしてそれを知っておくこと が一番重要なのである。

まずは興味を持つ事、そして知ること、次に理解すること。そうすれば、自然と最善の行動が出来るようになるだろう。

そうすれば沖縄の人間は非常に温かくあなたを受け入れてくれるはずだ。

-移住生活

Copyright© 沖縄の不都合な裏事情 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.