沖縄の不都合な裏事情

沖縄はなぜ本土と感覚が違うのか?沖縄が好きになり、移住する人も数年で帰っていくのは、双方が相手の現状や立場を理解していないからだ。

八重山 沖縄事情

石垣島地価上昇の背景

更新日:

石垣島では十数年前から土地買収に建設ラッシュ状態がはじまりミニバブルの様相を呈している。

沖縄本島では不況の煽りを受け建設業に従事している人は軒並み石垣島に仕事を求め、多くの作業員がやってくるのだ。

この石垣島バブルは何故起こったのかといえば、まっ先に考えられるのが団塊の世代の移住者が大変多く、今までのような貧乏移住者から蓄えのある移住者にシフトしたからだろう。

それまでの移住者は不動産を購入するなど夢のような低所得者ばかりで石垣には何の恩恵も与えなかったが、金銭的余裕のある団塊の世代が引退をして大挙して来たのだ。

これが石垣島バブルの始まりなのだが、この裏にもさまざまなドラマがある。

石垣では海の近くに家を建てないという認識があるのだが、それは明和の大津波によるものが大きい。

東日本大震災の時と同様、もしくはそれ以上の大津波を体験した島民はあまり海の近くに家を立てたがらないという歴史が島民には根強い。

しかし、移住してくる人たちはオーシャンビューとでも言うのか目の前が海であるという土地に価値を見出し、その立地が馬鹿売れしたのだ。

島民には価値がなく、移住者には価値が有るという事でかなり安い金額で島民の地主は買い叩かれ、数十倍で転売したという話をよく聞いた。

売主の恨み節をよく聞いたものだが、先見の明がなかったのが悪いのだからしかたがないところだろう。

してやったりと舌をだしているのは、内地資本に吸収された不動産業者だけだ。

これを先導いているのが、10年ほど前から進出してきているサラ金会社で、西表や小浜にホテルを造り、低レベルなサービスが定評で有名だった。

このサラ金の創設者の人物の話を聞いたが、町長に「自分のポケットマネーで石垣島から小浜に橋をかけても良い。」等と言っていたのだ。

さすが前科者は口八丁で人の心を揺さぶる天才だが、10年経ってもその橋は架けられる事はなく、運営できなくなったホテルは星野リゾートに救済してもらうという始末だ。

このような企業に食い物にされている石垣島は目先の金に躍らされること無く自立する道を模索したほうが良いと言えないだろうか?
▶放射能から逃げてきた人達

-八重山, 沖縄事情

Copyright© 沖縄の不都合な裏事情 , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.