沖縄の不都合な裏事情

沖縄はなぜ本土と感覚が違うのか?沖縄が好きになり、移住する人も数年で帰っていくのは、双方が相手の現状や立場を理解していないからだ。

放射能から逃げてきた人達

      2015/10/27

先の東日本大震災直後、多くの被災者が沖縄に避難するために来られ、また多くの県民は手を差し伸べ助けようと力を尽くしたが、その中で、少数の避難者がトラブルを引き起こしている。

それは、原発の放射能から逃げてきた人たちだ。

これは、あくまでも原発被害に直接関わった福島県の人たちではなく、想像放射能を浴びて来ている連中の話だ。彼等によると、

「日本政府と東京電力は本当の事を言わない、東京も放射能まみれでいつ死ぬかわからない。」

という持論で沖縄に逃げてきているのだが、それだけなら私も何も言わないし、指摘しようとも思わない。

なぜなら、人体に被害があるレベルの放射能とは言えないし、無いとも言えないからだ。

しかし、彼等の話を聞いていると必ず、

「既得権益が金ほしさに原発を無くさない。」「福島では風疹が増えていて甲状腺がんで子供が死んでいる。」「原発ではなく太陽光に変えれば良い。」

という根拠があるのか無いのか分からない事を言い出し、自分も被害者だという話に展開させる。

質が悪いのはこれだけでなく、それを沖縄の基地問題と絡めて原発反対運動をしはじめ、「日本政府は沖縄も原発被害者も見捨てていると沖縄基地問題をリンクさせ、自分の意見を言い始める。

中には自分たちは本土には帰れなくなり、働けないのだから生活保障をするべきだ。」と生活保護を申請する者までいる。

私も数人こういう人たちに出会ったことがあるが、理屈で話をしても埒が明かず、感情論で全てがなんとかなると思っているのだから、どうにもならず閉口してしまった。

こういうエセ原発被害者が沖縄に少なからずいて、沖縄を巻き込み、引っ掻き回している。

連中は最終的に原発反対の思想を持つ左翼政党や団体に感化されてしまうので、よりおかしくなってしまう。

なぜ、こういう人達は感化されやすいのか皆目検討がつかないが、プロレスを見た翌日に影響され、プロレスごっこをしている小学生と同じだろう。

山本太郎参議院議員も、反原発を争点に選挙を戦ったのにも関わらず、いつの間にか沖縄の基地問題を言い始めているが、こういう人達はなぜ沖縄を自分の主張に絡めてくるのか分からない。

沖縄の人達が真剣に考えている問題を、この様な連中が自分の主張を引き立たせるために利用しているとしか見えない。

 

こういう連中の被害に遭わないようにするために、連中の簡単な見分け方をお教えしよう。

こういう連中は、陰謀論やフリーメイソン等の眉唾話が大好きで、その手の話をすると喜々として飛びついてくる。

言ってみればオカルト好きなメルヘン脳を持った人達といって良いだろうが、こういう連中が原発を無くせるとは誰も思わないだろう。

ただ、わーわー騒いでいれば原発がなくなると思っている低能集団と言えないだろうか?

なぜ反対するのかを聞いても「嫌だから」と感情だけが反対する根拠になっている者とは話が進まないし、建設的な会話は不可能だ。

本気で、日本の電力問題と原発問題を考え、行動している人にとっては全く迷惑な存在にしかならないという事を連中は分かっていないのだから一層質が悪い。

こう言うと、必ず

「でも誰かが叫ばなければ原発は無くならない!」

とバカのひとつ覚えのように言い始める。

分からない様だからはっきり言おう、君たち以外の誰かが原発問題について冷静に、慎重に討論すれば必ず良い方向に向い、原発を無くせる可能性もあるだろう。

しかし、君たちの様な教養も素養も無い者が脱原発を叫べば叫ぶほど、一般の人達は原発不要論者に胡散臭さを感じ、そして、更に教養のない所謂ネトウヨ連中が騒ぎ始める。

今、一般的に原発問題の話をすると「ちょっとアレな人」と思われてしまい、敬遠されるのをご存知か?

普通の人が原発問題をトピックに話ができなくなっているのは君たちの責任で、自分で自分の首を絞めているのが理解できるだろうか?

人を納得させるには、伝える方法を考え、行動や意見をしなければ馬鹿扱いされて終わってしまうという事を覚えておかなければならない。

「分かる人にだけ分かれば良い。」

こう言う連中が多くいるが、それをマスターベーションと言う。

そういう事は、一人陰に隠れてするもので、「みんな見て!」とやるものではない。

 

最後に君たちに要望がある。

君達は「子供のために」などと常套句を言うのだが、子供達にゴネれば何とかなるという姿を見せないでいただきたい。

本当に福島から避難されてきた人達には全力を持って支援したいし、してほしいと思うがこういう連中は一刻も早く沖縄から出て行ってもらいたいと思うのは私だけではないはずだ。
▶沖縄への曲がった愛情

 - ナイチャー, 沖縄事情, 移住生活