石垣島自衛隊配備を考える前に

八重山

どの世界の人間だろうと考えることは同様で、自分に直接影響がない事には興味が無い。日本人として語ったとしても、遠く離れた事象であれば他人事と見るのは人間の性と言える。

 

沖縄の米軍基地問題にしても、他国からの侵略に備える、もしくは侵略させないための抑止力としての戦力が必要という考え方は理解できる。反対に、当事者の沖縄県民が憤慨する感情も沖縄人として理解できる。

あえて言えば、沖縄以外の日本人は日本人としての感覚だけで沖縄の基地問題を考えているが、沖縄県民は日本人として、そして現地人として受け止めて考える必要があるのだから、他県の人とは考え方の相違があったとしても仕方のない事だろう。

実際、無責任に沖縄の基地問題を自衛だけの問題として対岸の火事の様に考えている人は沖縄の人に対して非常に失礼であるし、当事者の沖縄県民は沖縄県民としてだけの立場で考えるのは現在の国際状況を見ても難しい事と言える。

すべての日本人が当事者としての立場で考える事が必要だが、日本人の性質からみて非常に難しいだろう。

 

石垣島陸上自衛隊配備問題

石垣島に自衛隊配備に関して議論が始まっており、住民投票での採択を目指している向きもある。

石垣島などの八重山諸島の人々は沖縄の基地問題に対してそれほど強い反発も感情も持っていなかった。

これは前述した通り、遠く離れた基地問題に対して当事者では無いのだからと無関心な人が多かったのが理由だ。

宮古島のレーダーサイトがあるにはあるが、言ってみれば八重山諸島は防衛施設もなく、国防としての空白地帯と言え、これまで無防備だった事自体が不思議だが、それでも大した問題もなくこれまでやってこれたのだから、この先も大丈夫だろうと考えるのも不思議では無い。

しかし、中国の南沙諸島の占拠等を見れば、他国に対し国防するという姿勢を見せる事は必要となってくるのも事実だろう。

八重山諸島の人たちも、これから他人事ではなく自分の現実問題として真剣に考える必要がある。なぜなら絶対防衛戦があるとすれば、現状では宮古までで、先島諸島はそれに入っていないからだ。

住民投票で決めたいと言うのであれば、住民が真剣に国際情勢を知り、感情論だけで投票してはいけない。多数決は不勉強でも無能でも多数が勝つ制度で、アイドルの人気投票とは違うのだから。

 

自称保守論者の意見は無視すれば良い

日本人として、外野から国防を盾に物を言ってくるのは自称保守論者に多いが、どの自称保守論者も当事者として発言はしていない。

「沖縄は国防の拠点として重要な地域」と言いたがるが、平たく言えば「お前らが日本の盾になれ」と安全な場所から言っているのと同様だ。

しかし、沖縄は日本全体から見て彼らが言う通りの地域で、周辺にロクでもない国家があり、ミサイルが届く距離にあるのだから仕方がないと考えなくてはいけないのも事実だ。

まず、石垣島を代表とする八重山諸島の人々は当事者として、日本人として自衛隊基地問題を考えれば良い。安全な場所から偉そうに物を言う自称保守の話は聞く価値すらない。

まず、アメリカ軍に日本を守ってもらっている等と恥ずかしげもなく言う植民地の奴隷根性が抜けきれない腰抜けがこの国の自称保守で、自称愛国者だ。彼らの言葉を借りて言えば、自衛隊ではなくアメリカ軍に守ってもらうのが一番だろう。

しかし、突発的な紛争が起こった場合アメリカは絶対に関与しない。

それは、尖閣諸島という火種がある地域で軍事衝突が起こる可能性は明日にでもある。その時先島諸島に被害が出ない可能性はゼロではなく、無防備な島を攻撃される可能性も、占拠される可能性もゼロではない。

しかし、そんな局地的紛争にアメリカが関与すれば、米中戦争に発展しかねない。そんなリスクを冒してまでアメリカが日本を助けると思っている自称保守が多く日本にいるが、非常に日和見で平和ボケしていると思えないだろうか。

その様な腰抜けが八重山にいるとは思わないが。

 

情勢の変化を見る必要性

石垣島はこれまでとは事情が変わってきている。新空港を建設した事で2000m級の滑走路ができた。

運用できるかどうかも分からない空母を建造した中国がこれをどう考えるだろうか?石垣島がまるで不沈空母に見えるだろう。

軍事施設のない石垣島を占拠すれば、人質島民5万の人の盾ができ、おいそれと攻撃などできなくなる。

武器さえ持たなければ、無防備都市宣言をすれば平和をこれからも享受できると思っているかもしれないが、もし石垣が占領されたら空港は軍事専用に運用され、民間機は厳しく制限されるだろう。

島民の行動も制限され、島外へ出る事もできなくなる。つまり、本土から来るものはほとんど無くなり、島内だけもしくは、中国からの割高な輸入品に頼る生活が待っている。

全石垣市民が捕虜であり、人質であり、植民地民になる。

どうでも良かった島が、重要な戦略拠点になった事は紛れも無い事実で、「八重山など侵略するに値しない」と言い、それを理由に防衛基地の必要性を無視していた人達も多少違った側面から自分の家族を守る為の術を見出す必要性が出てきた。

石垣は平和の島だからと思うのは良い事で、戦争は嫌だと感じることも非常に良い事だ。

だから軍事施設は必要無いという結論に結びつけるのは非常に危険な考え方であり、議論とはずれている。

誰から身を守るのだろうか?自分が武器を持っていなければ誰も攻めてこないのだろうか。

自衛隊が配備しようとしているいわゆる武器は迎撃の為のものであって攻撃はできない。しかし、東門元沖縄市長の様に「迎撃ミサイルを配備したら戦争になる」というとんでも論者がいたが、こういう問題のすり替えをする左派にも気をつけなくてはいけない。

 

これから、腰抜け右翼と文句だけは一丁前の左翼連中が大挙して八重山に集まってくるだろう。彼らは当然の如く沖縄の人間が一番嫌う「教えてやる」という態度で接してくる。

不勉強で他人事の人間はその様なクサレナイチャーに迎合してしまうのは目に見えている。

どちらの選択でも良いが、「頭が良い人の意見に乗る」という恥ずかしい結果だけは未来の子供や子孫の為にしないでもらいたい。